清友学園時代~清友はじまりの物語~

 【学校の歩み】

1940(昭和15)

 6月13日 府立清水谷高女創立40周年、紀元2600年記念事業として

       同窓会清友会が女学校設立を決定。

       昭和16年開校予定、校名を清友学園、用地を高安と決定。

1941(昭和16)

 3月10日 財団法人清友学園に清友高等女学校の設立認可。 

       八雲延代校長事務取扱に就任。

       生田校長により、本校教育の八綱領制定、教育方針定まる。

 4月11日 新入生100名、清水谷の高女講堂で入学式。

       布施市横沼町3丁目の仮校舎において開校。

 5月10日 この日を創立記念日と決定。

1942(昭和17)

 4月     前府立清水谷高等女学校長生田鹿之丞、校長に就任。

       専任教員:八雲延代、浅井重次、山家鉄五郎、西澤小枝

 9月23日 八尾市柏村169に新校舎竣工移転。

*** 1941年4月 俊徳道仮校舎始業式の朝 ***

*** 1942年9月 竣工した校舎 ***

【社会の動き】

1940  9月:日独伊三国軍事同盟

     10月:大政翼賛会発足

     11月:紀元2600年祝典

1941  4月:日ソ中立条約

     12月:太平洋戦争

1942  4月:東京初空襲

      6月:ミッドウェー海戦で日本大敗

1943 10月:学徒動員