清友学園時代~変革の時~

【学校の歩み】

1953(昭和28)

 1月30日 校長生田鹿之丞退職、

       府立清水谷高等学校教諭吉持博、校長に就任。

1956(昭和31)

 8月31日 清友学園中学校を廃止。

 9月 1日 設置者を八尾市に変更。

       八尾市立清友高等学校の設置認可。

       定員450名、学年3クラス。
       清友学園高等学校の教職員および生徒全員を

       市立清友高等学校に継承し、吉持博、校長に就任。

1956(昭和31)

 10月 8日 この日をもって開校記念日と決定

*** 謝恩会 卒業後、先生・生徒一同に集まっての会食・余興・歓談 ***

* 1954年 比良山キャンプ 飯盒炊爨・登山・琵琶湖水泳等楽しい日々 *

【社会の動き】

1952  4月:鳥取市大火

      5月:血のメーデー事件

      7月:ヘルシンキ五輪、日本は戦後初参加

1953  3月:衆議院バカヤロー解散

      3月:ソ連スターリン首相死去

      5月:英登山隊エベレスト初登頂

1954  3月:第五福竜丸ビキニ沖で被爆

      7月:自衛隊発足

1955  5月:紫雲丸事故

      8月:ソニーが日本初のトランジスタラジオ発売

1956 11月:メルボルン五輪で体操・水泳・レスリングで金メダル

     12月:日本が国連に加盟