大阪府立時代~不安と期待の門出~

【学校の歩み】

1979(昭和54)

   4月 1日  設置者を大阪府に変更、大阪府立清友高等学校となる。

                 八尾市立清友高等学校の教職員および生徒全員を府立清友高校に継承し、

                 小西康弘、校長に就任。

                 八尾市千塚102に新校舎竣工移転。

                 新入生の定員564名、新入生から男女共学、学年12学級に倍増。

                 新入生から制服は男女ともブレザーに。

   4月27日 体育館びらき。

                 カネボウ女子バレーボールチームを迎える。

   4月28日 創立38周年・府立移管・校舎落成記念式典挙行。記念誌「はばたく清友」発行。

   6月13日 この日をもって府立清友高等学校の創立記念日と決定。

   9月26日 校舎増築工事のため体育大会は久宝寺緑地公園陸上競技場で実施。

 10月19日 台風20号のため臨時休校。

1980(昭和55)

   3月  校舎増築竣工。渡り廊下竣工。

   7月19日 プール竣工し、プールびらき。

 10月  修学旅行は2学年で実施に変更。

 11月10日 生徒自治会に初の男子会長。

1981(昭和56)

   2月26日 女子単学セーラー服最後の卒業式。

   4月 1日 校長小西康弘転任、佐古廣衛、校長に就任。

1982(昭和57)

   2月25日 府立清友最初の入学生卒業式。

   4月 1日 新入生だけ10学級、定員470名に。

 10月13日 体育大会団対抗形式を廃止し、学年別クラス対抗に。

1983(昭和58)

   1月26日 修学旅行はスキー研修に変更。

   3月         第1次の入学志願者は市立時代以来、空前絶後の定員割れ、2次募集で補充。

                新入生の定員12学級で564名に戻る。

  10月14日 体育大会は団対抗形式を復活、運営は実行委員会方式を採用、ブチ合わせ太                    鼓が登場(後年「清友太鼓」として恒例行事に)。

*** 1979年 教学最初の入学式 ***

*** 1980年 増築竣工した校舎 ***

【社会の動き】

1979~1983

1979 3月:米国スリマイル原発事故

         6月:東京サミット

1980 4月:モスクワ五輪に日本不参加

         9月:イラン・イラク戦争勃発

1981 4月:スペースシャトル打ち上げ成功

       10月:福井謙一ノーベル化学賞受賞

1982 2月:ホテルニュージャパン火災、日航機羽田沖で墜落

         4月:フォークランド紛争

1983 6月:戸塚ヨットスクール事件

       10月:ロッキード裁判で田中角栄有罪判決