八尾市立時代~再び変革の時~

【学校の歩み】

 1974(昭和49)

 5月  府立清友高校建設準備委員会ガ発足。

 9月  雨で体育大会が3日がかり。

 9月  S社就職差別事件の取組。

 1975(昭和50)

 3月31日 校長富田八郎退職。

 4月 1日 小西康弘、校長に就任。

 1976(昭和51)

      進級に関する内規改定。

 1977(昭和52)

 4月 1日 新入生の定員276名に増。

 5月  3年生修学旅行、現地の長崎で「平和の誓い」のセレモニー(翌年も広島で)。

 11月   「研究紀要」第4集を刊行。

 1978(昭和53)

 4月 1日 新入生の定員282名に増。

 4月 1日 同推委組織に代わって同和教育部が発足。

 8月  ソフトボール部、全国大会に出場、3回戦まで勝ち進む。

 9月 1日 「清友の同和教育実践-資料教材編」発刊。

*** 体育大会 ***

【社会の動き】

1974~1978

1974 3月:ルパング島で小野田少尉を救出

       10月:佐藤栄作前首相がノーベル平和賞を受賞

1975 3月:山陽新幹線、博多まで開通

         4月:サイゴン陥落、ベトナム戦争終結

1976 2月:ロッキード事件

         7月:モントリオール五輪

1977 3月:200カイリ宣言

         9月:王貞治756本の本塁打世界新

1978 5月:成田空港開港

         8月:日中平和友好条約